めだかの専門店、しいらメダカ

メダカの販売から飼育・繁殖情報を配信
一緒にメダカライフをたのしもう

メニューボタン

五式の稚魚時飼育

2019年3月12日

こんちは

今日はお問合せでご質問を受けた”五式の稚魚時の飼育”について書きたいと思います。

大きくなり色落ちしずらい黒と赤が特徴の五式ですが、稚魚時の飼育環境によってL寸になった時の仕上がりが変わってきます。
これは五式だけでなく、色落ちしづらい黒系メダカ全般に感じています。

当店では特別な餌やpH調整はしておりませんが、特に幼魚時は黒容器で飼育しています。
そうする事によってL寸になった時、黒の厚みが増してきます。

現状typeRはこの稚魚時の影響受けやすく感じます。
この辺はまだまだ改良の余地がありますね。

発砲容器やガラス水槽で飼育してもそれなりには黒くなりますが、透けた感も出てきます。
もし、そのような環境で飼育するのであれば、せめてグリーンウォーターがいいですね。

ただ、難点としては針子時も黒いので、黒容器だと水の変化や生態自体の変化(泳ぎ等)も注意が必要になります。
その辺の兼ね合いも含め、容器の色にもこだわって飼育してみてください。

では、では

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

↑こちらを押してもらえると、店主のやる気につながります♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログ月別

ページトップへ