めだかの専門店、しいらメダカ

メダカの販売から飼育・繁殖情報を配信
一緒にメダカライフをたのしもう

メニューボタン

青ラメ幹之をどう変化させるか?

2016年2月29日

こんちは

真田幸村、三谷幸喜、堺雅人、どれか一つだけでも喰いつくのに三つ重なってしまうとどうしようもありませんね~。まあ、好きな監督と役者が揃っても、全く面白くない作品もまれにありますが、今回は期待を裏切らず毎週日曜日を楽しみにしています。
今の所、堺雅人より草刈正雄がメインで、それはそれで面白いですけどね。

そんな訳で、今日はラメ+αの複合で進化予定の青ラメ幹之です。
まずは、横見での楽しみを増やしラメ+ヒレ光を強調していこうとしている仔。

青Rヒレメス1 青Rヒレメス2

オスは、立派なヒレしてますよ~。

青ヒレオス1

ただ、雄の尾びれに光りが回ってないのが今後の課題ですね。

 

お次は、上見での+α。

青ラメ上見

体外光をビシッと揃えるか、頭部のラメ感を大事にするか思案中です。

青R上見2 青R上見3

ラメ感は右の仔の方が出ますが、びっしり口先まで体外光を載せて回りをラメでちりばめるのもアリでしょうか?

そんな感じで、今後の方向性を考えながら春に向けて種親を選別しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ブログ月別

ページトップへ